若い時には何もしなくても引き締まっていたお腹周り・・年齢を重ねて、気付いたらぽっこりお腹になっていたということはありませんか?

30歳前後から悩む人が多いぽっこりお腹は、何が原因なのでしょうか。

また、以前のような引き締まった身体を手に入れるためにはどうしたら良いのでしょうか。

ぽっこりお腹の原因と解消する方法についてまとめてみました。

今日から早速実践して、ぽっこりお腹にさよならをしましょう。

なぜぽっこりお腹になるのか?

ぽっこりお腹になるのは、単に太っているからという問題ではありません。

体重だけ見ると標準体型でも、お腹周りだけが出ている人もいますよね。

その原因はなんなのでしょうか?

カロリーの摂取過多

暴飲暴食は、直接お腹周りに響く行為ですが、女性なら皮下脂肪、男性なら内臓脂肪として付きやすくなっています。

内臓脂肪は一般的に「メタボ」とも言われていて、後に重大な疾患を引き起こすこともあります。

内臓脂肪がつく原因として、男性ホルモンの低下も理由のひとつとなります。

運動不足

若い頃と比べて体力はなくなっていて、さらに運動自体をする機会も減っている場合が多いでしょう。

運動不足により、筋力はどんどん衰えていきます。

代謝が下がっている

加齢とともに、代謝量は下がっていきます。

運動不足とも相まって、代謝がますます悪くなることが多いのです。

もちろん元々の体質や遺伝というのもあるかもしれませんが、お腹周りだけがぽっこりしている場合には、本人の努力次第で改善することは可能です。

では、どのようにすれば良いのでしょうか?

ぽっこりお腹の解消法とは?

原因が加齢によるものはどうしようもありませんが、筋肉量を増やすことでその分代謝を上げることは可能です。

筋肉量を増やそう!

ぽっこりお腹を解消するには、なんといっても筋肉量を増やすことです。

筋肉量を増やして、基礎代謝を上げるようにしましょう。

スクワットやダンベル体操で筋肉トレーニングをして、インナーマッスルを鍛えましょう。

並行して有酸素運動も取り入れよう

筋トレは無酸素運動ですが、併せて有酸素運動も取り入れるようにしましょう。

有酸素運動だけでは、皮下脂肪を落とすには向いていますが、内臓脂肪にはあまり効果がありません。

筋肉量を増やしつつ、ウォーキングなどを取り入れることでどちらにも良い効果があります。

バランスの良い食事を

学生の頃にはしっかりと食事をしていても、社会人になってから食事が不規則になる人は多いのではないでしょうか。

また、年を重ねるとアルコールを摂取する機会も増えるため、その分食生活が乱れる人もいるのでしょう。

栄養素の揃ったバランスの良い食事を心がけ、アルコールや間食は控えめにしましょう。

筋肉を付けるには、たんぱく質は欠かせない栄養素となります。

まとめ

内臓脂肪によるぽっこりお腹は、放っておくと糖尿病や動脈硬化、高血圧の原因ともなり得ます。

ただ見た目だけの問題だけではなく、ぽっこりお腹を解消することで内側から健康になることも出来るのですね。

筋トレは室内で行えるので、季節や天気を選ばずに毎日続けることが可能です。

今日から早速、ぽっこりお腹を解消するためにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?